メインイメージ画像

POSシステムのシステムを考えよう

コンビニやスーパーにあるアイテムはたくさん並んでいますが、ほぼ品切れはないどころか新商品もすぐに並びます。それにはPOSシステムの強い力が働いています。それではPOS全体の仕組みをみてみましょう。まず商品が売れたらレジ端末でアイテムバーコードを読みとります。その情報はネットを介して店の機械へ送信されます。

レジ端末の情報とコンピュータのデータがピッタリ合うと商品価格がわかりレジ画面に表れてくるのです。その後親端末の中にどの商品がいくつ選ばれたのか、売上は何円かという情報が集約されます。その情報はネットを通じ本部へ送信されてから在庫管理作業と発注へ利用されます。情報を元に人気アイテムがメーカーから小売店へ発送される流れとなります。

スーパーを経営している企業の業務の中でも大変なのが売上集計でないかと思います。

日頃たくさんの商品が入荷し、色々なお客さんたちの中でどうやったら顧客満足を生み出す事ができるかが売上管理で出たデータに関わってくるからです。従業員も人間ですしベテランから新人まで経験に偏りがあるため能力を平均化するにも時間とコストがかかります。そんな時に役立つのがPOSです。売れたアイテムのバーコードを読むだけで正確に集めれて、それをもとに色々な角度から経営最適化に取組む事ができてきます。データをうまく活用すると、陳列するアイテムの数に応用できたり時間帯別に陳列する商品を変更する事もできます。

更新情報